沖縄の衣・食・住

沖縄の衣・食・住

本土から南に離れた島なので、気候や食べ物、住居も沖縄独特のものはたくさんあります。
普段どんなものを食べてるの?どんな家に住んでるの?などちょっと不安な方もいますよね。
ここでは、沖縄での食生活や住まいについてご紹介したいと思います!

やっぱり強い、ソーキそばの存在感

沖縄といえばソーキそば。
定食屋さんのメニューでも必ずと言っていいほどありますし、ソーキそば屋さんもたくさん存在しています。

博多でいうところのラーメンのような存在でしょうか。
観光客に限らず、地元の人たちも日常的に気軽に食べているまさに沖縄のソウルフードと言えますね。

ソーキそばは、うどんでもラーメンでもない、独特のコシのある平たい麺にカツオ出汁と豚骨スープがミックスされたつゆ、それに甘辛く煮込んだ豚のスペアリブをのせた食べ物。

味はあっさりしてるので。ラーメンのように全国的に熱狂的なファンができるというものでもないかもしれませんが、近年は観光客が増えたこともあり、行列のできるソーキそば屋さんも登場しています。

タコス屋とハンバーガー屋さんも多い

タコスもハンバーガーも、ご当地グルメではないですが、アメリカ文化の影響か、どちらも至るところでよく見かけます。
国道沿いにはこれでもかというぐらいマックがあったり、沖縄にしかないハンバーガーショップもいろいろ。

沖縄で有名なハンバーガーショップの代表格・A&W

ステーキも大人気!

こちらもアメリカの食文化の影響で、地元の人たちもステーキが大好き。
飲み会の後に食べるシメステーキなる文化(?)もあり、繁華街ではとにかくステーキハウスを見かけます。

スーパーには何が売ってる?

イオンやマックスバリューなど大型スーパーもあちこちにある今、本土で売ってるものは沖縄でもなんでも手に入ります。
お肉やお刺身を含む魚、野菜などの生鮮品も本土と変わらないものが売っており、物価の違いも感じません。

どちらかというと「本土にはないもの」が新鮮です。
麺類コーナーにはうどんやラーメンを差し置いて、各種メーカーから出ているソーキそばの袋麺が幅をきかせて並べられています。麺だけじゃなくスープからトッピングのソーキのパウチまで、自宅でソーキそばを楽しめる商品のニーズがうかがえます。

コーンスープやクラムチャウダーなどの各種レトルトスープや鍋スープ売り場に「山羊汁」が混ざってるのも沖縄ならではです。
沖縄に来たら、ここにしかない商品を試してみたいですね!

OKINAWA FOOD & LIVING

2020/03/22沖縄ブログ 海ぶどうは美肌にも美白にも♡移住したら食べ放題!

2020/02/28沖縄ブログ 「沖縄ぜんざい」はかき氷である

2020/02/20沖縄ブログ バタフライピー – 沖縄県産・天然の青いお茶!

2020/02/13沖縄ブログ タコス & タコライス – タコライス発祥の地・キングタコス

2020/02/11沖縄ブログ A&W – 沖縄で人気のハンバーガーショップ その1

2020/02/08沖縄ブログ 御殿山(うどぅんやま)- ソーキそばの美味しいお店

沖縄の衣・食・住 ブログ一覧はこちら